■■<「ライト、ついてますか」問題>■■D-014
ホーム設計方法論 2009-12-3記述
■今年の夏、サンティアゴ巡礼の道の3日目、フランス側から登ったピレネーのソンポール峠をやっと越えたあたり、カンフランクからビジャーヌア村へ下る巡礼道は突然新しい自動車道路によって、その行く手を阻まれた。トンネルの上の崖をよじ登らなければと思ったが、高速道の下を頭をぶつけないようにして歩くことで、抜けることができた。自動車道の下を抜けて、見えたのが下の標識である。はじめ、それは我々巡礼に向けての標識のように見えたが、それにしては意味不明だ。そして気がついた。ワインバーグの「ライト、ついてますか?」じゃないか。
■ワインバークには、システムの問題解決や設計に関して主として心理的側面から、少し皮肉な調子で語るいくつかの著作がある。自分の手元にも「システム作りの人間学」「スーパーエンジニアへの道」「コンサルタントの秘密」、そして今話題にしている「ライトついてますか」がある。それぞれ読んだときは印象があったが、20年近くたってしまうと、ほとんど、そこで話題となった「問題」は、一つの例外を除いて残っていない。その例外が「ライトついてますか」問題である。そして、スペインのピレネー山中で、ワインバーグの回答の実践例を発見したという次第。

■日本の道路道路標識に同様なものがあるだろうか。「道路標識何でもコーナ−」という詳しいサイトがあって、ついでに各国の標識もチェックしたが、同様の標識は発見できなかった。この「自動車前照灯」+「クエスチョンマーク」は、運転者に何を伝えようとしているのだろうか。これがワインバーグの問題の「解」である。

■自動車を運転してトンネルを通過するとき、進入前に点灯したライトをトンネルを出たあと、消し忘れることはしばしばある。しばらく走れば、思い出したり、対向車がフリッカリングしたりしてくれる。だから、決定的な不都合が起こる訳ではない。ワインバーグの問題は、これに関するが、少しばかり問題は現実的だ。どうやらアルプスのトンネルの事例らしい。問題は、トンネルの出口の近くにあまりにもすばらしい景観を有する、長時間駐車したくなるような展望台を作ったことにあった。
 天気の良い日、ライトをつけてトンネルを走行していたとする。出口からすばらしい景色が見え、すぐそばに展望台があることを見つけた瞬間に、ライトを消すという操作を忘れ、その展望台に駐車してしまう。晴天なのでライトの切り忘れに気がつかない。そこでゆっくりピクニックでも楽しもうものなら、バッテリが上がる可能性が高まる。現実にこのような問題が多発した。この問題は運転者のミスであって、道路管理者には責任がないだろうか。しかし、道路管理者はトンネルの入口に「トンネル内点灯」の注意表示をしている。この指示に従ったためにバッテリが上がったとクレームする運転者は少なくないだろう。

■そうやって、この問題は道路管理者が解決しなければならない問題となった。解決策はいくらでも出てくる。展望台に監視員を配置するか? ガソリンスタンドを併設するか? もったいないけれど展望台を閉鎖するか? やはり、入口で「点灯指示」をした責任上、出口で「消灯指示」するのが妥当だ。
 そして、その文言を考えようとしてふと困ってしまった。ワインバークの文章をそのまま引用しよう。
 
           もしいまが昼間でライトがついているならライトを消せ

          もし今暗くてライトが消えているならライトをつれよ

          もし今が昼間でライトが消えているなら、ライトを消えたままにせよ

          もし今暗くてライトがついているなら、ライトをついたままとせよ

 
こんな表示を瞬間的に読解することは運転中は困難だ。逆に、この表示に注意をそらされて事故が起きては、余計やっかいだ。それならバッテリ上がりの方がまだ良い。
 ワインバーグは書く。こういう時は「ライトついてますか?」で十分なのだと。

■現代の自動車には自動調光ライトが装備されているので、オートにしておけば、外光の明るさに対応して点灯・消灯の制御ができる。だから、ワインバーグの問題とその解は、現代ではあまり説得力を持たなくなった。ただし賢明なるワインバーグは、このような個別問題の解が有効でなくなることまで想定していた。
 「問題解決者にとって解を与える以上に重要なことは、的確な質問をすること」というコンサルタントにとって最も必要な能力を指摘しておくのを忘れていない。

■話はこれでおしまいなのだが、自動調光ライトで思い出したある質問をしてみたい。一応コンサルを目指しているので、解でなく質問をしてこの話を終わろうと思う。これは学生レポートで、インテリジェントAFS(Adaptive Front Lighting System) の説明を読んだときの話だ。説明図は残念ながら例によってインターネットのコピーだ。その照光パターンを見て、二つの質問を思いついた。

  1)それぞれのライトの照光パターンが非対称な理由は何か?
  2)左右のライトの振れ角度が異なる理由は何か?

   
学生のレポート 筆者のつけたヒント





Copyright MechatroIdea 2008