設計方法論 技術者の黄昏
【更新日】2007-12-1 作成開始

技術者の黄昏
Ingenieur dammmerung
■ワグナーの楽劇「神々の黄昏」から、本タイトルを借用させていただいた。神と技術者を同一視する尊大な態度が咎められる。もっと単純にしょぼくれた(元)技術者の定年前後の思いを記述している。法的事項・諸届についても記述しているが、あくまでも記述時点の情報である。

た そ が れ 語 録
2007年問題は起こらない?(07-12-1)
「ピアノの蓋」という既成概念(07-12-31)

深センに行ってきて考えた(08-1-30)
「手で考えるという意味」(2008-11-12)
「分かる」「出来る」「作る」(2008-11-30)

■「ドイツに行ってきて考えた」(2009-1-22)
■「何のために今なお「働く」のか」(2009-5-30)
■「元技術者であり続けようとする理由を考えた」(2012-2-22)
■「第二登戦略からの脱却」(2012-5-27)
■「見たいものが見えてしまった」(2013-5-3)
■「セネカ:人生の短さについて」(2013-12-18)
■「成長曲線と過渡応答」(2-15-1-19)
定年後の設計SOHOなど 定年後の生活・経済
会社にするか個人事業主でいくか?(07-12-2)
SOHOの必要経費(07-12-3)
SOHOの業務契約パターン(07-12-4)
SOHOの仕事場・大崎図書館にて(07-12-6)

減価償却制度の変更点(07-12-27)
領収書の揃え方(08-2-9)
SOHO開業届け手順(08-2-22)
年金は何歳になったらもらえるの?
定年後の税金

定年後の健康保険制度
「青色申告」と「確定申告」(2009-2-16)



税金  国税庁
年金・保険 社会保険庁 なぜなに年金相談

Copyright MechatroIdea 2007